すなびてんぽ sunabitempo

すなびてんぽについて かごを見る お問い合わせ LINK

sunabi食品 sunabiグッズ sunabi旅行 参加するsunabi

sunabi食品

自然が元気な黒潮町。すぐ目の前にある海の恵・大地の恵。
そんな地元の「うまいっ!」を、あなたの食卓へお届けします。

一覧へ戻る

厳選素材が輝く

きびなごフィレ

TS-02-0001

70g

1年間(開封後要冷蔵)

きびなご(高知県)、塩(黒潮町の天日塩)、オリーブオイル(ギリシャ)

高知県宿毛湾で初夏にとれる脂ののった子持ちきびなごだけを厳選。手作業で一尾一尾さばき、黒潮町の天日塩に漬け込んで3ヶ月以上熟成させ、フェアトレードで輸入した、さわやかなギリシャの無農薬エキストラバージンオリーブオイルに漬けました。

くせのない、上品でまるみのある塩気が絶品です。身の形が良く、見た目もおいしく仕上がります。ピザのトッピング、パスタやサラダにオイルごと加えても。

お母さんたちのこだわりの逸品です。

在庫あり1,060円 (税込)

きびなごフィレができるまで

1.手でおろす
高知県の西にある宿毛湾港で4~5月に獲れる脂ののったきびなごだけを、全て手作業で3枚におろします。痛みをおさえるため、おろす早さは一匹あたり15秒ほど。おろした後、内臓をとり水洗いするまで、「スピード命」の工程です。

2.天日塩で塩漬け
地元の職人が手間暇かけて作った黒潮町産の天日塩をまんべんなくきびなごにまぶし、3ヶ月〜6ヶ月、しっかりと塩漬けします。きびなごの旨味を引き出すのに最適な塩加減がキモです。

3.手でのばす
しっかり時間をかけて塩漬けされたきびなごを、軽く水洗いし、一枚一枚水気をとりながら手でのばし揃えていきます。少しでもきびなごの美しさを伝えたいから、瓶の外側にきびなごの「背」が見えるよう、ていねいに瓶に手詰めしていきます。

4.無農薬オリーブオイル
きびなごを瓶に詰め終わったら、ギリシャのレスボス島で作られる、無農薬のエクストラバージンのオリーブオイルをたっぷり流し込みます。思いをたくさん込めた「きびなごフィレ」の完成です!

こんな商品もおすすめ